探偵・興信所 ~ストーカー問題はおまかせ~

レディース東京

お見積もり相談無料・24時間対応
menu

TOP > ストーカー調査

ストーカー調査

表面化し増加するストーカー犯罪

近年、ストーカーによる犯罪が表面化するケースが増加しています。

そのような背景には「警察が従来関与しがたかった男女問題」からの犯罪を取り締まる法規制が十分では無かったことが否めません。

探偵が古くから手掛けてきた「民事の範疇にある男女問題のトラブル」の多くは現代で言う「ストーカー調査の範囲」であったと言えるのです。

ストーカー犯罪に多くある過去の交際相手が別れを納得しないケースで「帰り道に何度も待ち伏せする状況」や「限度を超えた回数の電子メールを送る行為」等が理解しやすいストーカー行為であり、我々探偵が手掛けるストーカー調査で最も相談が多いケースとも言えます。

ストーカー行為を受けている認識があり、警察に「ストーカー行為が事実である」認識をしてもらう為の初期行動として探偵のストーカー調査は存在すると言っても過言ではないのです。

ストーカー行為の有無を事実確認する程、警察の対応もスピーディーになると言えます。これはストーカー行為を速やかに制止する流れにとても重要です。

ストーカー行為に恐怖心を持つ被害者が「ストーカーを被害者が自らの行為で調べる」ことは危険極まりなく困難なことです。

自身の恋愛が終焉していない「一方的な恋愛感情を持つストーカー」は皆さんが認識するよりも現代社会に多く存在しているのです。

ストーカーの恐ろしさと調査の意義

ストーカー調査を実施することが有意義である理由は、ストーカー自身がストーキングを自覚していないケースが多く存在し、自身が行っている行為が「ストーキング」であると認識を持たせるために適していると判断できるからです。

そして、ストーキングがエスカレートしていることが事実ならば、法的対処に必要なストーカー行為の証拠とともに、警察に対処を求めることが可能となります。

ストーカーは多くの場合「恋愛を継続したい」と考えている。または「恋愛の最中」との感情にあり、それは一方通行な感情であると第三者には容易に判断できる状況にあるものです。

相手の恋愛感情が既に無くとも、お構いなしに恋愛感情から行動に移してしまいます。世間一般的によくあるケースに「未練がある恋愛を引きずる」行為も軽いストーカー予備軍と判断できるのです。

ストーカーの実態と対処

現代社会で取り締まられるストーカーの殆どが「被害者と面識がある人物」と言われています。

見ず知らずの人物がストーカー行為をすることは稀と言えるのです。

  • 面識がある人物
  • 過去に恋愛関係にあった人物
  • 学校や職場で時間を共にした人物

被害者である人物の過去において「面識がある人物」・「過去に恋愛関係にあった人物」・「学校や職場で時間を共にした人物」等が考えられます。

趣味やお稽古事で知り合った人物等も十分にストーカーとして考えられると言えるでしょう。無言電話や嫌がらせメールをしてくる人物が過去に被害者のメールアドレスを知った経緯があり、連絡先を知る人物でなければこのようなストーカー行為は成立しないと言えるでしょう。

ストーカー調査を実施する上で「ストーカーを特定」することはとても重要です。現実に起こっているストーキングが被害者ご自身と関係のあった人物から順序良く可能性を検討しストーカーの正体を特定することは重要となっているのです。

理想的なストーカー調査

ストーカーの実態がある程度理解できたならば、あなたをストーキングしている人物をマークすることが必要となります。

仮にあなたの自宅周辺で張り込み調査を実施しても「近所を通りがかっただけ」と主張されては何も反論できません。ですからマークして経緯を突き付けることも大切と判断できるのです。

ストーカーと思われる人物が勤務先を出て、どういう経緯で被害者宅付近までやってきているのかを事実として残し「どのような目的があって被害者宅にきているか」を証拠として残すことが望ましいと言えるのです。

そのような行動の過程で、ストーキング行為と通じる行動が言い逃れの出来ない証拠として残せます。

レディース東京ではご依頼者が抱えるストーカー問題を排除するために様々なストーカー調査を実施して参りました。単にストーカーを待つだけ調査なら「ご依頼者の負担や問題の長期化」が想定され、理想的な問題解決とは言えないケースが多く現実的ではありません。

レディース東京の経験豊富な相談員と「ストーカーを特定し実質的なストーカー行為の制止」を目的とした調査を実施し、不安や問題を一日も早く解決すること提案しおすすめします。