債権回収のスムーズなやり方と不良債権化を回避するコツ

レディース東京

お見積もり相談無料・24時間対応
menu

TOP > 債権回収

債権回収

請求しにくい債権回収をスムーズに

販売する際には一度に大きな売上も計上でき、販売促進にもつながるメリットがある売掛金ですが、いざ回収するとなるとトラブルに見舞われたり、スムーズにならなかったりすることも少なくありません。

取引先の経営状態が悪化して支払期日に払ってくれない、初めての取引先に逃げられてしまったという事態に陥ったり、先延ばしを迫られたりすることも想定されます。

待てる資金的な余裕がある企業であったり、多少の不良債権は織り込み済みといった規模の大きな企業だったりしたのならまだしも、中小零細企業や個人商店などでは困ることがほとんどです。

支払いを拒否されたり、債務不履行となったりした場合はもちろん、先延ばしされただけでも、自分たちの経営状態にも影響を与えます。

支払いを受けた代金で、自分たちの仕入れなどの支払いをしようと考える自転車操業状態であれば、連鎖倒産のリスクも高まります。

債権の回収代行サービス

とは言え、懇意にしている取引先に支払いを先延ばしてほしいと言われたり、今は払えないと言われたりしても、強く出られないばかりか、その後も取引を継続してしまうケースが多いものです。

自分たちで債権回収をする勇気が持てないのであれば「債権回収代行サービス」を利用するのも1つの手です。

支払い関連については専門業者に任せたと取引先に断り、相談などもそちらにするように仕向けることができれば、代金支払いを巡る面倒なやり取りや手間で、毎月悩まされることもなくなります。

債務不履行リスクや連鎖倒産リスクを避けたい

売掛金や各種料金の請求債権や報酬債権を有する場合、避けたいのは相手方の債務不履行リスクと、それに伴う連鎖倒産リスクです。

そのための方法としては取引前の段階、取引中の段階と段階ごとにしっかりと対策を講じなくてはなりません。

まず、取引に入る前には相手企業や個人事業主の信用状態や財務状態、経営の状態や将来性などをしっかりとチェックする必要があります。

公開されている情報だけでなく、実際に企業訪問をしたり、運営している店舗に足を運んでみたり、他の取引先から評判を聞くなどしたいものです。

そうした手間や時間がかけられない人材が限られた小さな企業や、リサーチ力や分析力に自信がない場合には信用調査会社などを利用するのも1つの方法です。

取引に入った後も、定期的な取引や継続的な取引を漫然と行っていくだけでなく、定期的にリサーチを行って経営状態の悪化や信用力に影響を与える事態などが起きていないか確認するようにしましょう。

早期資金化のために債権買取もおすすめ

債務不履行リスクや連鎖倒産リスク、自己資金が不足することを回避するためには、なるべく早めに資金化しておきたいものです。

約束した期日まで待つ方法だけでなく、なるべく早い段階で資金化ができれば、資金力がない企業や開業間もなく負債の方が多いという企業も安定的な経営を目指すことができます。

そのための手段として「債権買取サービス」を利用する方法もあります。保有している売掛債権や報酬債権などを専門業者に買取ってもらい、買取代金を得る方法です。

手数料などの割引はありますが、それを上回るメリットが得られる場合も少なくありません。

期日まで待って債務不履行となり全く債権が回収できないリスクを避けることができますし、自社に資金が不足している場合に資金を確保することができるからです。

債権買取サービスは「ファクタリング」とも呼ばれ、二者間と三者間のスタイルがあります。

三者間は一般的に言う債権譲渡のスタイルで、売掛債権を買取業者に売却して代金を受け取ります。

ただし、債権譲渡にあたって取引先の承諾が必要です。

これに対して二者間は先に買取業者に買取をしてもらって代金を受け取り、後日、支払期日が来たら取引先から受け取った代金を買取業者に返済する仕組みです。

銀行口座調査

知らない銀行口座を調べたい、銀行口座にいくら残高があるのかを知りたいなどの際に有効な調査として銀行口座調査があります。

債権の種類

債権という言葉を漢字から見るに何らかの「権利」であることがわかります。債権とは、債権者が債務者に対し一定の給付を要求しうることを内容とする権利であると法律では定めています。