借金を踏み倒して逃げることはできるのか?

レディース東京

お見積もり相談無料・24時間対応
menu

TOP > 借金踏み倒しは可能か

借金踏み倒しは可能か

借金を返せないでいると大変なことが

借金を返済できずにいると督促ハガキが届いたり、貸金業者から督促の電話がかかってきたりすることがあります。

今は昔と違って規制も厳しくなっているので、夜遅くの執拗な電話もありませんし、電話の向こうの方の喋り方も至ってビジネスライクでお客様扱いしてくれる丁寧な感じです。

ハガキも返せないことを責めるというより、「たまたま口座から引き落とせませんでしたよ」「返済日を忘れてしまっていたようですね」くらいの感じで、「お金がなかったから返せなかったんだよな」と強い口調で責め立てるものではありません。

「次回までに2回分入れてください、いつまでに払ってくださいね」といった内容で終始しています。

ですが、これを甘く見ていつまでも待っていてくれる、自分のちょっとした借金くらい返せなくても大手の貸金業者にはどうってことないと思っていると大変なことになります。

訴訟や支払い督促の手続きを起こされれば、預貯金や自宅、車や給料まで差し押さえられることがあるので注意しましょう。

借金は踏み倒せるのか

残されている財産を差し押さえられたりする前に、どうにか借金から逃れたい、払えるものは何も残されていないといった場合、どうにかして借金を踏み倒せないか考える方もいるかもしれません。

正攻法な踏み倒し方としては、消滅時効の援用があります。

借金の最後の督促から10年以上、相手が請求してこなければ、時効で貸付債権が消滅したと立証して返済を逃れることが可能です。

もっとも、消費者金融などの業者の場合は消滅時効にかからないように督促を続けたり、法的手段に出てきたりするため、通常は消滅時効は成立しません。

可能性があるとすれば、友人や親族などから借りて、相手が請求を忘れているようなケースです。

消費者金融などの業者から逃れるには、所在不明になり、音信不通となるほかなく、いわゆる夜逃げしかありません。

家族はバラバラになり、給与を差し押さえられないよう仕事も辞める必要があり、現実的ではありません。

できる人と言えば、現在無職で家族もいないような人だけではないでしょうか。

これに対して、借りた業者が闇金の場合、相手は手ごわいですが踏み倒せる可能性は残ります。

相手方は闇金であるため、法的手段を使って正当に請求ができないためです。

もっとも、反社会的勢力であることも多いため、踏み倒すには相当の覚悟と逃げる能力やノウハウが求められます。

踏み倒して逃げたい気持ちは分かりますが、どこまでリスクを侵し、今の生活や立場を捨てられるかの問題が残ります。

給与が差し押さえられるおそれも

借金が返せなくなって督促状が届いても、中には返せないから仕方ないと開き直る、どうにかしようと奔走しながらもただ返せずに遅滞が続き、遅延利息が膨らんでいくという方は少なくありません。

その後、内容証明郵便で催告状が届き、裁判所から訴状や支払い督促が送られて来たら、もはや手遅れとも言えます。

債権者は裁判所を通じて借金の回収に動き出しており、財産の差し押さえが行われる可能性があるためです。

預貯金や自宅などの不動産をはじめ、株券などの有価証券、生命保険などが対象になります。

返済ができないのだから預貯金なんてないし、不動産や株券なんて元々持っていないといった場合、毎月勤務先から支払われる給料が差し押さえられることもあります。

給料は生活の糧となるため、4分の1しか差し押さえできないことにはなっていますが、勤務先にも通知がいってしまうのがネックです。

つまり、勤務先に借金をして返せずにいることを知られてしまい、職場にいづらくなるかもしれません。

退職せざるを得なくなれば、収入も断たれてより窮地に追い込まれてしまいます。

今の生活を最低限維持し、立場を守るためにも、踏み倒そうなどと考えずに、裁判所に訴えられる前に債務整理を行いましょう。

借金と自己破産

「自己破産」という言葉を聞いたことがある方も多いかと思いますが、まず、破産とは「財産を全て失う」ことを言います。