借金 悪

レディース東京

お見積もり相談無料・24時間対応
menu

TOP > 借金は悪いこと?

借金は悪いことなのか

人も変えてしまう借金の怖さ

日本では住宅ローンを除き、借金をすることは悪いことといったイメージを持たれがちです。

借金がある人とは結婚しないほうがよいとか、お金を借りようと近づいてくる人とは付き合わないほうがよいといった話はよくあることです。

さらに困るのは、借金で首が回らなくなってくると、中には悪いことに手を出す方もいることです。

恐喝や横領、窃盗や強盗、詐欺といった悪質な犯罪をはじめ、悪いことがばれないようにいろいろと画策する方も少なくありません。

債務整理する直前にカードローンやクレジットカードを使って凌いでよい?

カードローン用のキャッシング専用カードやキャッシング機能を付けたクレジットカードを持っている方が、借金の返済が困難になって任意整理を行うことを決断したとしましょう。

もっとも、かなり生活に困っているのでお金が必要だったとします。

そこで、任意整理の前にキャッシング枠の残りを使って借り入れをしたり、クレジットカードのキャッシング枠の利用やショッピング枠を使って買い物をしたりするとどうなるのでしょうか。

一般的には返済する見込みがないのにキャッシングする行為は詐欺行為や搾取と判断され、交渉にあたっての心証が悪くなり、減額交渉に応じてもらえないおそれが生じます。

また、ショッピング枠で買い物しておきながらクレジットカード会社で任意整理となれば、購入した品物を引き上げられてしまううえ、キャッシング枠の任意整理も拒まれてしまうリスクがあります。

任意整理は本来返済すべき利息などを減額してもらうことを債権者に合意してもらう手続きですので、いくら生活に困ったからとはいえ、悪いことは考えず、誠意ある対応を採りましょう。

借金問題で困っていることを勤務先に知られたくないなら

借金が返済できなくなり、生活にも支障を来しても勤務先にばれたら信用を失う、働きにくくなると恐れたり、お金を扱う職務や顧客などとの取引をする業務に就いている場合には危険人物として左遷されたり、首になるのではと心配する方は少なくありません。

ここでも、借金は悪いことという意識が強く働いています。

債務整理をすると知り合いや職場にばれると恐れ、弁護士や司法書士に相談することもなく、1人でどうにかしようとする方もいます。

もっとも、どうにかならないから苦しんでいるわけで、どうにかなるなら返済しているはずです。

この点、債務整理は秘密裡に行うこともでき、よほどのことがない限り、勤務先や知り合いにばれることはありません。

一方、返せないままでいると債権者から訴訟や支払督促を起こされ、給与が差し押さえられるおそれがあります。

こうなると勤務先にも差し押さえ通知が届き、借金が返せないということがばれてしまいます。

ばれたくないと1人で悩んで債務整理をせずにいることで、余計に窮地に立たされるので気を付けましょう。

自己破産を恐れるより支払督促による差し押さえを恐れよう

借金が返せず生活に支障を来しても、自己破産をしたら社会的な信用を失う、仕事が続けられなくなるかもしれないと恐れるあまり、債務整理の相談ができない方は少なくありません。

一部の職業では自己破産の手続き中は職務制限を受けますが、一般的なサラリーマンならその多くが、自己破産の手続きをしていることさえばれずに、そのまま仕事を続けてお給料ももらえます。

一方で返済が滞ったまま、返せずにいると債権者から裁判を起こされる場合や支払督促の手続きを起こされます。

これが行われると債権者は裁判所を通じて、債務者の財産を片っ端から差し押さえにかかってきます。

めぼしい財産がない場合には給料にも差し押さえが行われ、その際には勤務先に差し押さえ通知が届いてしまうのです。

そうなれば、自己破産などの債務整理がばれるのを恐れるどころか、返せずに給与まで差し押さえられた窮状を職場に知られてしまうことになります。

余計な悪いことは考えずに、債務整理で状況を建て直すのがおすすめです。

借金と自己破産

「自己破産」という言葉を聞いたことがある方も多いかと思いますが、まず、破産とは「財産を全て失う」ことを言います。