借金調査(サラ金・信販・銀行)で借金を調べる

レディース東京

お見積もり相談無料・24時間対応
menu
  • 解決するための借金調査
  • セキュリティ対策はまず「人」から
  • 事件を未然に防ぐのもわたしたちの仕事です

借金問題を解決する借金調査

様々な借金問題が世間には存在しています。

自分以外の人物の借金がいくらあるのか?例えば夫婦間でどうも生活費が足りないと頻繁に告げられる等は「あなたの知らない借金が存在」する可能性が高い状況と言えるでしょう。

悪いことが重なり金銭感覚の違いから離婚問題に進展してしまったならば、知らなかった債務・借金を背負うことにもなりかねないと言えるのです。

離婚時に財産分与が実施されることは一般的です。当然ですが、婚姻関係にあった期間にできた債務・借金が分配されることもまた事実なのです。

このように知らないでは済まされない可能性が高い借金は存在し、身近な親族や身内に「借金をする癖」がある人物が存在したならば不安要素が高まることでしょう。

自身がつくった借金でなくても、世間体を気にして親族や身内が借金を肩代わりすることは少なくない現実として起こっているのです。

そのような場面で「借金の有無」を判明させる借金調査は力強い味方となってくれるでしょう。

身内や親族に真偽が不明な人物が存在したならば、確認して将来的な相談をすることが可能と判断出来るのです。

借金問題で厄介な点は多数ありますが、一番に問題視すべき点は「借金をする人物が借金に対して抵抗が全くない点」と言えます。

この点が改善されない人物は生涯において「何度も借金をしてしまう」と言えることでしょう。

身内である人物にとっては頭痛の種であり、悩まされ続ける事柄として消えることはありません。

このような借金問題をお抱えの方には、探偵が実施する借金調査を実施して安心を手に入れることが出来ると言えるのです。

また、どうも不安が解消されないと疑念が継続してしまう方には、定期的に借金調査を実施することで安心する方もいらっしゃるのです。

資産・不動産の確認からの借金調査

債務確認や借金調査を実施するためには資産状況の把握が前提に存在します。

現在、お住まいの生活環境から「所有している不動産」や「資産」を把握し大きな債務確認や借金を調査することが調査の流れとして大切になります。

家族に隠れたところで「土地や建物を担保に借金」をしてしまうこともあるでしょう。

特に中小企業の経営者等は会社を経営する運転資金の見通しが立たずに、所有する不動産を担保に資金繰りをして借金をする行為が行われています。

このような借金調査や信用調査も探偵が実施する借金調査のなかではポピュラーな調査項目と言えます。

結婚前に相手方のご家族の資産状況や債務確認・借金調査を実施することも必要性が高い借金調査の例と言えるのです。

銀行口座調査

知らない銀行口座を調べたい、銀行口座にいくら残高があるのかを知りたいなどの際に有効な調査として銀行口座調査があります。

離婚問題に大きく関わる借金調査

不貞行為以外の理由で配偶者に離婚を請求するには「婚姻生活を継続し難い重大な事由」が必要となります。
そうした場合の理由として相手の「浪費や借金」は欠かせない理由となっています。

将来的にパートナーとの離婚をお考えの方には、夫婦生活を継続出来ない程に生活費を浪費してしまう浪費癖の事実が存在することは離婚理由として大きな理由となるでしょう。

そして、事前に借金の有無を確認する必要性が高い方にとって、探偵が実施する借金調査は有効な手段と言えるのです。

仮に異性問題が主軸にある離婚問題において、女性に対して浪費し、一緒にギャンブル等に浪費を繰り返した事実が確認され、家庭に十分な生活費を入れていなかった事実が確認されたならば夫婦生活の義務を怠ったと判断出来ます。

生活に必要な金銭を浪費し、更に数百万円の借金が存在したならば「婚姻を継続し難い重大事由」と認められるでしょう。

素行調査

素行調査は御依頼者から指定された人物の日常状況や指定された時間内の行動を尾行、張り込みなどをして掌握していくもので浮気調査もこの素行調査の一部となります。

借金調査の重要性

借金の金額は大きくないが「内緒で借金をする行為が許せない」と考える方は多いのではないでしょうか。

そして、金額に関係なく「借金癖が嫌い」で真剣に離婚を考える方も多いかと思います。一生懸命に働いたお金が浪費され、あげく借金までする人物を好む人は珍しいでしょう。

嫌いな行為を平然と行ってしまう人物との婚姻は、継続することが困難となってしまうものです。生活を楽にしたいと考え、昼夜問わず働いて家計を助けても右から左に浪費されては我慢できるはずもありません。

子供のために婚姻の継続を望んだとしても、借金癖が子供にも大きな影響を与える可能性があり、いずれは生活の破綻を迎えることになるでしょう。

なぜこのような人間と結婚したのか?と自問自答し、何度も我慢してきたが今度という今度は我慢の限界を迎えてしまった、ということは決して少ない話ではないのです。

「過去に幾度となく借金を繰り返してきた人物」が配偶者だったならば離婚理由が借金となっても仕方がありません。

借金は家族の幸福度に大きく影響を及ぼします。借金の金額が大きければ家計を圧迫し、人並みな生活は現実に困難となってしまうでしょう。

借金が少ない金額のうちに「借金に気付くことが可能なら」と考える方は少なくありません。

このような状況で借金調査を実施できたならば、多重債務に陥る前の段階で借金を知り、対処することも可能となります。

多重債務に陥り多額の借金を抱える前に対処できたならば「家族離散や離婚」等の危機を回避できると考えられるのです。

借金に関する豆知識

借金の時効

借金には時効があるのをご存知でしょうか?借金の時効は法的には「消滅時効」と言い、借金は「債務」の一つとなります。

借金の種類

借金には意外といろいろな種類があります。ここでは借金の種類について書いてみたいと思います。